トップページ > ブログ > ブログ > オスグットシュラッター病(オスグット)

オスグットシュラッター病(オスグット)

  • 2024年04月02日
  • カテゴリー:ブログ


オスグットシュラッター病は、膝のお皿の下において炎症が生じる状態です。この病気は通常、成長期に活発なスポーツを行う子供や思春期の青年(10~15歳)によく見られます。膝蓋腱という、大腿四頭筋(太ももの前側の筋肉)から膝のお皿に伸びる靱帯であり、膝の曲げ伸ばし運動を制御する重要な役割を果たしています。オスグットシュラッター病では、この付着部が過度に負担され、炎症が生じることがあります。

この病気は、特に下記のような要因が重なることで発症しやすくなります:

  1. スポーツの活動性: 部活動の中でジャンプやランニング、サッカーやバスケットボールなどのスポーツを行うことによって、膝に負荷がかかりやすくなります。
  2. 成長期: 小学生の子供さんや青年期の成長期に、骨や筋肉が急速に成長する過程で、骨の成長過程によってもろくなります。
  3. 筋力の不均衡: 大腿四頭筋や膝の周囲の筋肉の不均衡(成長しているところと未発達な部分が混在している状態)が、膝に過度の負荷をかける可能性があります。

オスグットシュラッター病の主な症状は、次のようになります:

  • 膝の前面に痛み: 通常は、膝のお皿の下に位置する膝の前側で痛みが生じます。この痛みは特に活動中や運動後に顕著になります。
  • 腫れ: 痛みや炎症がある場合、膝の周囲に軽度の腫れが生じることがあります。
  • 運動制限: 痛みや不快感のため、膝の動きが制限されることがあります。
  • 膝蓋腱の付着部の腫れ: 症状が進行すると、膝蓋腱の付着部がバンバンに膨れ上がり腫れることがあります。

オスグットシュラッター病の治療法には、以下のような方法があります:

  1. 休息と活動制限: 痛みや炎症が発生している場合、活動制限やスポーツからの休息が重要です。膝に負荷をかけないようにし、症状が軽減するまで休養を取ることが推奨されます。
  2. アイシング: 膝に氷を当てることで、炎症を軽減することができます。氷を直接膝に当てる際には、氷の直接接触を避けるために氷パックやタオルなどを使用し、10分間程度冷やしてください。
  3. ストレッチ: ストレッチングは、膝の周囲の筋肉を強化し、柔軟性を向上させるのに役立ちます。しかし、やみくもに筋肉を伸ばせば回復すると言わけではありません。最近はYouTubeを見て、見よう見まねで間違ったやり方でストレッチをして悪化して、当院に来られる方がいらっしゃいます。そのため、まずはアイシングをしっかりと行い、粗熱が取れた段階でふとももの筋肉を伸ばすことをおすすめします。
  4. サポート装具の使用: ニーブレースやサポート帯などの装具を使用することで、膝をサポートし痛みを軽減することができます。適切なサイズとタイプの装具を医師の指示に基づいて選択し、正しく装着することが重要です。

オスグットシュラッター病の経過は個人によって異なりますが、一般的には以下のような傾向があります:

  1. 自然な改善: 多くの場合、成長期が終わるまでの間に自然な改善が見られます。成長期中には、骨の成長プレートである膝蓋腱の付着部が強度を増すため、症状が軽減されることがあります。
  2. 症状の継続: 一部の患者では、成長期が終わっても症状が継続することがあります。この場合、痛みや不快感が定期的に再発することがあります。
  3. 再発の可能性: 症状が改善した後でも、過度の負荷や運動の再開によって再発する可能性があります。そのため、症状が改善した後も、膝を保護し、過度の負荷を避けることが重要です。

オスグットシュラッター病の再発を防ぐためには、以下のような対策を取ることが重要です:

  1. 適切な休息と活動制限: 症状が改善した後も、膝に過度の負荷をかけないようにするために、適切な休息と活動制限を守ることが重要です。特に症状が完全に消失するまで、スポーツや高負荷の活動を控えることが必要です。
  2. 筋力と柔軟性の向上: 特に大腿四頭筋やハムストリングスなどの周囲の筋肉の強化と柔軟性の向上を図ることが重要です。ストレッチングを通じて筋肉のバランスを整え、膝への負荷を分散させることができます。
  3. 適切なウォーミングアップとクールダウン: 運動前に十分なウォーミングアップを行い、運動後にはクールダウンを行うことで、筋肉を準備し、過度の負荷を軽減することができます。
  4. 適切な装具の使用: サポーターなどの装具を使用することで、膝をサポートし、負荷を分散させることができます。医師や理学療法士に相談して、適切な装具を選択し、正しく装着することが重要です。
  5. 適切な靴の選択: 適切な靴を選択することで、足や膝への負荷を軽減することができます。特に運動時には、クッション性の高い靴や適切なフットウェアを選ぶことが重要です。

これらの対策を遵守することで、オスグットシュラッター病の再発を最小限に抑えることができます。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。長々と書かせていただきましたが、要約するとまずはしっかりとアイシングをしてください(笑)そのほか、ご不明な点等がございましたら当院までご連絡ください。公式LINE、お電話から受け付けております。